トップページ > 記事閲覧
1級実地試験解答
日時: 2007/10/12 15:19
名前: あき

先日行われた1級土木実地試験の解答はいつごろ発表されるんでしょうか??
メンテ
Page: [1]

Re: 1級実地試験解答 ( No.1 )
日時: 2007/10/12 16:29
名前: 教育事務局

(株)オーシンク 教育事務局です。

お問い合わせの「1級土木施工管理技士(実地)」試験の解答・解説については、現在、作成中で、
10月22〜26日の週に、弊社ホームページに掲載を予定しています。
もうしばらくお待ちください。

よろしくお願い致します。
メンテ
Re: 1級実地試験解答 ( No.2 )
日時: 2007/10/25 09:13
名前: 受験生

質問
問題3(設問)
温度ひび割れの発生原因について、水和熱による温度上昇によってひび割れが発生すると記載しました。
温度ひび割れは、温度上昇後の冷却によってひび割れが発生するという記載がないとだめでしょうか?温度上昇のみではひび割れが発生しないのでしょうか?また、温度上昇時はコンクリート硬化前の現象でしょうか?
温度ひび割れの防止対策として、セメント量を少なくすることとコンクリート打設時の温度を低くすると記載しましたが、これも防止対策として妥当でしょうか?
問題3(設問2)
重ね継ぎ手の施工上の注意点として、「@直径0.9mm以上の焼きなまし鉄線で数箇所緊結する。A継ぎ手部と近接する鉄筋のあきは粗骨材の最大寸法以上とする」の二つ記載しました。
@焼きなまし鉄線は、直径0.8mm以上なのでしょうか?過去の文献では0.9mm以上と記載されていましたが、近年指針が変更になったのでしょうか?
Aの記載は施工上の注意点としては、妥当ですか?
問題4(設問1)
ロの回答は、受注者、請負者、施工者のいずれも解答として妥当だと思いますが、施工者に特定した理由はなぜでしょうか?
また、試験問題の記載は、指針あるいは各種文献に記載されている内容なのでしょうか?
以上の件に関して返信メールいただけると幸いです。
メンテ
Re: 1級実地試験解答 ( No.3 )
日時: 2007/10/24 18:05
名前: 受験生

受験生から管理人さんへ
10/24の投稿で誤ってメールアドレスを記載しまいました。いたずれメールを避けるため、投稿を削除願います。
なお、投稿内容の返信メールをいただけると幸いです。
メンテ
Re: 1級実地試験解答 ( No.4 )
日時: 2007/10/25 09:38
名前: 教育事務局

受験生 様

当掲示板を管理している教育事務局です。
投稿いただいた上記NO.2に記載されていたメールアドレスを消去しました。
なお、ご質問に対する回答は、ただ今、作成中です。
メールでも質問をいただいておりますが、回答は当掲示板にてさせていただきますので、もう少し、お待ち下さい。

昨日は何度もメールをいただいており、返答が遅れ、申し訳ありません。
よろしくお願い致します。
メンテ
Re: 1級実地試験解答 ( No.5 )
日時: 2007/10/25 11:27
名前: 教育事務局

(株)オーシンク 教育事務局です。
受験生様から頂いた、ご質問(上記No.2)に回答致します。
なお、試験の採点基準は試験機関が判断するものですので、下記内容はあくまでも弊社独自の私見
としてお考え下さい。

【問題3】[設問1]
 温度ひび割れは、温度差や温度変化が原因で発生する引張応力によって生じるひび割れなので、
 「水和熱による温度上昇によってひび割れが発生する」では、解答としては不足していると思います。
 (50点ぐらいではないでしょうか)
 温度上昇は、セメントと水が練り混ぜられた時から始まり、大体2.5〜3日後にピークとなり、
 以後時間の経過とともに外気温に近づいて行きます。温度上昇は硬化時(=水和反応時)の現象です。
 温度ひび割れ防止対策として、セメント量を少なくすること及び打設時の温度を低くすることは妥当だと思います。


【問題3】[設問2]
 @について、2002年制定コンクリート標準示方書[施工編]p.134 10.6.4 鉄筋の継手に、
 「鉄筋の重ね継手は、所定の長さを重ね合わせて、直径0.8mm以上の焼きなまし鉄線で数箇所緊結することを原則とする」
 と明記されていますので、「直径0.9mm以上」と記載されたのであれば、正解かどうか微妙です。
 (不正解にはならないと思いますが)
 平成8年制定コンクリート標準示方書では0.9mm以上となっており、平成11年版で0.8mm以上に変更されています。

 Aについて、2002年制定コンクリート標準示方書[構造性能照査編]p.137 9.6 鉄筋の継手に、
 「継手部と隣接する鉄筋とのあきまたは継手部相互のあきは、粗骨材の最大寸法以上とする」と明記されています。
 シビアに言うと、これは構造細目に係わることで設計上の留意点であり、施工上の留意点ではありませんが、
 実地試験では正解として扱ってもらえるのではないでしょうか。


【問題4】[設問1]
 (ロ)の解答としては、受注者、請負者、施工者のいずれも正解だと思います。
 「公共工事標準請負契約約款」には、これを意味する語句として、[請負者](−[発注者])という語句が使われていますが、
 この設問は、工事の仮設構造物の説明文で、特にこのとおりの記載はないので、意味があっていれば、
 解答としていずれも妥当だと思います。
 なお、弊社の解答「施工者」は、これを正解に特定したものではなく、記述問題の正解の一例として、掲載したものです。
 誤解を招き、申し訳ありませんでした。
メンテ
Re: 1級実地試験解答 ( No.6 )
日時: 2007/10/25 12:08
名前: 受験生

教育事務局さま
質問に関する丁寧な回答ありがとうございました。
なお、RCCM試験関連に関しての質問などもお受けしてくださるのでしょうか?
具体的には、管理技術論文の予想問題、基礎、河川砂防部門の択一問題の受験対策など。
メンテ
Re: 1級実地試験解答 ( No.7 )
日時: 2007/10/25 13:29
名前: 教育事務局

受験生 様

早速、確認していただき、ありがとうございます。

なお、RCCM試験についてですが、現在、弊社では、当資格試験については支援の対象になっておらず、
ご質問等にも対応することができません。
ご了承下さい。

メンテ
ブランド激安市場タグ・ホイヤー ( No.8 )
日時: 2017/09/30 09:26
名前: ブランド激安市場タグ・ホイヤー  <hcfmzrxuvhs@ezwen.ne.jp>
参照: http://www.sbagshop.com/brand-4-copy-0.html

購入するのにわからないことがあり、質問をしたところすぐにご連絡をいただき、スムーズに購入することができました。
対応もちゃんとしていて、発送も早く梱包もしっかり丁寧なのでまた購入したいと思います。
メンテ

Page: [1]

題名 話題をトップへソート
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存