トップページ > 記事閲覧
排水性舗装の切削オーバーレイ
日時: 2011/01/05 23:38
名前: とこなつ

発注者から当初設計の切削オーバーレイ10cmでの
排水性舗装の必要性を逆質問され。
5cm切削の排水性舗装で良いのではないか?下の5cm分は残しても問題がない場所は5cm切削して排水性舗装をしてほしいと・・。
そうじゃなければ切削10cmじゃなきゃ排水性舗装は意味がない根拠を示すよう指示されました。
個人的には既存を5cm残すと縦断方向に切削キズが残るので浸透した水が不透水の基層に届く前に切削キズにそって縦断方向へ流れる為横断側のドレーンまで導かれず結果として縦断方向の密粒舗装との境で路面へ浸透してくるのでは・・と思いますが。特になにか指針から・・とかではありません。
どなたか良い回答例があれば教えて頂けますでしょうか
メンテ
Page: [1]

Re: 排水性舗装の切削オーバーレイ ( No.1 )
日時: 2011/01/07 15:55
名前: シゲ

質問の中で、『既存を5cm残すと縦断方向に切削キズが残るので浸透した水が不透水の基層に届く前に切削キズにそって縦断方向へ流れる・・・・』とありますが、切削面下(基層)が不透水層である。

排水性舗装下面の混合物の剥離による局部的流動わだち掘れ等の発生が問題となっています。これは、表層混合物がそれまでの不透水のものから排水性舗装に替わり、基層部分が直接水分に接するようになったために、この現象が顕著になってきたものです。特にこの現象は、切削オーバーレイによる排水性舗装の施工時に既存の基層混合物を残した場合に多く発生しています。これは、切削作業による既存基層混合物の弱化や設計時に水の影響をあまり考慮していない既存の基層混合物が、雨水の浸透,滞留の影響を受けたためと考えられています。

以上のことから舗装を長期に健全に供用するには、表層のみの施工より基層部からの切削オーバーレイが最適と考えます。
メンテ
Re: 排水性舗装の切削オーバーレイ ( No.2 )
日時: 2011/01/12 20:18
名前: とこなつ

シゲさん。返信遅れてすいませんでした。
わかりやすい説明ありがとうございます。
勉強になりました
メンテ

Page: [1]

題名 話題をトップへソート
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存